東久留米市
東久留米国際友好クラブ
国際交流・生活支援・ボランティア活動
私たちは異なる文化や言語、国境を越え、
地域の身近な国際交流を通して、

互いに理解を深め、友好の輪を広げています。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

新着情報

韓国の大学生が来日、東久留米の市民や小学生と交流 扇の舞やテコンドー、K-POPダンスも披露

韓国の大学生グループが1月に東久留米市を訪れ、市役所(11日)と本村小学校(16日)で国際交流活動を行いました。東久留米国際友好クラブ(HIF)の日本語教室の元学習者であるカンさん、キムさん夫妻がプロデュースし、東久留米市やHIF、カモん会がサポートする恒例の企画です。

大学生一行は男女14人。韓国で合宿までやって猛練習し、扇の舞やK-POPダンス、テコンドーを熱演し、市民、小学生と楽しく交流しました。

扇の舞は韓国の伝統的な舞踊を基本にした創作舞踊。民族衣装を着て牡丹が描かれた扇を使う群舞はとても優雅です。Amaizng Graceの選曲と振付がとても素敵でした。テコンドーは誰もが知っている韓国の国技。体全体をダイナミックに使う武術だけに、演武は迫力がありました。大学生は世界中で人気のK-POPのダンスも披露、BTSのヒット曲を軽やかに踊りました。

【市役所での韓国人大学生との交流イベント】
韓国大学生、日本語教室ボランティア、市民ら50人が参加、冒頭、スライドで東久留米市と韓国の紹介も行い、お互いに理解を深めました。グループに分かれての市民との懇談では、翻訳アプリなどを使っていろんな情報を熱心にやり取りする姿が目立ちました。お土産にキンパとお菓子も配られ、心温まるイベントとなりました。

東久留米市と韓国のプレゼンテーション
拡大写真はこちらです。

扇の舞はとても優雅
拡大写真はこちらです。

ダイナミックなテコンドーの演武1
拡大写真はこちらです。

ダイナミックなテコンドーの演武2
拡大写真はこちらです。

参加者全員で記念写真
拡大写真はこちらです。

【本村小5年生との国際交流授業】
まずは腹ごしらえ!交流は給食から始まりました。地場野菜たっぷりのすいとんや鮭の竜田揚げなどヘルシーな和食が提供され、各テーブルでは子どもたちから「趣味」「年齢」「好きな食べ物」などを聞かれた大学生が、時に日本語、時に英語を交えながら答える姿が見られました。

給食後は体育館へ移動し、まずは子どもたちが日本の伝統的な遊びを紹介。はねつき、カルタ、こま、けん玉、トントンずもう、だるまさんがころんだ、を皆で体験しましたが、特筆すべきは子どもたちお手製のカルタ。読み札を使わない斬新な「絵合わせ方式」で作られており、日本語のわからない学生たちも夢中になって遊んでいました。その後韓国の伝統的な遊び、めんこ(タッチ)と蹴鞠に似たジェギチャギに子どもたちが挑戦し、上手な子どもには道具がプレゼントされました。

遊びの後はキムさんによる韓国の紹介。スクリーンに映し出される映像で子どもたちは韓国の文化の一端に触れることができました。スライドが終わるころには着替えを済ませた大学生たちが再び登場し、舞台の上で扇の舞、K-POPダンス、テコンドーを次々に披露。あっという間に終わりの時間も近づき、締めとして子どもたちは全員でお返しのソーラン節を踊りました。掛け声と踊りは溌溂としていて迫力があり、学生たちは体を揺らしながら盛んな拍手を送っていました。記念の集合写真は「キムチー!」でみんな笑顔。学生たちの作るブリッジを通り抜け、子どもたちは退場していきました。

学校の給食
拡大写真はこちらです。

子どもたちお手製のカルタ
拡大写真はこちらです。

ソーラン節
拡大写真はこちらです。

コマの色々
拡大写真はこちらです。

綺麗な扇の舞
拡大写真はこちらです。

テコンドーの演武_決め
拡大写真はこちらです。

韓国語の言葉を使ってみよう
拡大写真はこちらです。

学生のブリッジで退室
拡大写真はこちらです。

在住外国人の安全・安心を考える情報連絡会 東京都が2月6日に開催

在住外国人の安全・安心について考える情報連絡会

日時:令和6年2月6日(火)14:00~16:00

場所:新宿NSビル3階(3H会議室)

内容:

第1部:基調講演「多文化共生教育における安全教育」

   岡村 郁子氏(東京都立大学国際センター・人文社会学部日本語教育学教室 教授)           

   第2部:講演「安心・安全とコミュニケーションのコツ~来日45年の私が語るインドと日本」 

         ジャグモハン S. チャンドラニ氏(2代目江戸川インド人会会長、ジャパン・ビジネス・サービス有限会社社長)

   第3部:交流会      

募集人数:対面 50名(先着順)・オンライン制限なし

申込方法: 東京都都民安全課:S1120302@section.metro.tokyo.jpまで

情報連絡会チラシ

多文化ポータルサイト_東京都つながり創成財団_WEB版ニュースレター2024.01

東京都つながり創成財団が提供している、外国人向け情報サイトのご案内です。1月に更新されたWEB版ニュースレターは下記の通りです。
外国人向けの情報サイトですが、支援する日本人ボランティアにとっても役立つ情報です。是非、ご覧の上、外国人の方にも紹介してください。
やさしい日本語と英語版に対応している他、多言語の機械翻訳でも対応しています。

****** ニュースレター2024年1月号 INDEX ******
【1】 もっと知りたい日本語
年始(ねんし)の 言葉(ことば)
【2】 クローズアップ
CFFジャパン
~日本で、東南アジアで、子どもと青年の「育ち合い」の場をつくる~
【3】 多文化クロストーク
外国につながる若者たちの座談会
~第2回 「学校と進学」について~
***********************************

【1】 もっと知りたい日本語
「年始(ねんし)の 言葉(ことば)」
日本(にほん)の 生活(せいかつ)で 知(し)っていると 便利(べんり)な 言葉(ことば)を やさしい日本語(にほんご)で 紹介(しょうかい)します。今月(こんげつ)は 「初詣(はつもうで)・おみくじ・お年玉(おとしだま)」について やさしい日本語(にほんご)で 説明(せつめい)します。
https://tabunka.tokyo-tsunagari.or.jp/topics/motto/nihongo_2401.html

【2】 クローズアップ
特定非営利活動法人 CFFジャパン
~日本で、東南アジアで、子どもと青年の「育ち合い」の場をつくる~
今月は、フィリピン・マレーシア・ミャンマーで現地の子どもを支援しつつ、日本の青少年ボランティアの派遣プログラム等の運営を行う「CFFジャパン」をご紹介します!海外での活動に加えて、近年は日本国内でも積極的に活動を広げています。団体が大切にしてきたことや活動の内容について、お話を伺いました。
https://tabunka.tokyo-tsunagari.or.jp/topics/close/close_2401.html

【3】 多文化クロストーク
外国につながる若者たちの座談会
~第2回 「学校と進学」について~
全3回でお届けする、東京で暮らす外国人のみなさんの座談会、多文化クロストーク。
12月から2月にかけては外国につながる若者たちの座談会をお届けします。
第2回の今月のテーマは「学校と進学」。日本語のサポートや、進学情報など、学校や地域によっても外国につながる子どもたちの受入れや支援体制にはかなり差があるようです。当時知らなくて困ったことや、戸惑ったことについて、振り返って話していただきました。
https://tabunka.tokyo-tsunagari.or.jp/topics/cross_talk/cross_2401.html

多文化Opinion Exchangeのご案内 主催:自治体国際化協会(CLAIR/クレア)

「地域コミュニティとの交流から得たもの~日本に住み続けたい理由~」をテーマに、全国で活躍する外国にルーツを持つ担い手から
活動内容を紹介いただくとともに、登壇者のパネルディスカッションを行う。受講者に、地域の多文化共生の推進のための外国人住民
の役割について学びを提供するとともに、外国人の担い手による情報発信を支援する。
ZOOM形式で行われますので、興味ある方は、開催概要チラシを参照の上、各自でお申し込みください。

月曜日クラス(クリスマス会を開催しました)

当日は学習を少ししてからクリスマス会(メリークリスマス)を開催しました。
学習者とボランティアの自己紹介を兼ねて皆で楽しめる俳句やカードゲームをして盛り上がりました。
俳句は季語を「クリスマス」に決めて5・7・5を考えながら作りました。後、笑点でやっているような
「今年は○○でしたが来年は○○したい。」と来年に向けての抱負を込めた発表をしました。
カードゲームは学習者とボランティアがペアになりカード獲得に盛り上がりました。そこへサンタさんと
トナカイさん登場しプレゼントを頂き、子供に返ったような楽しいクリスマス会でした。

 

学習者とボランティアの自己紹介
拡大写真はこちらです。

サンタさんからプレゼントをもらいました
拡大写真はこちらです。

サンタさんトナカイさんと一緒に全員集合
拡大写真はこちらです。

子どもクラス(お楽しみ会を開きました)

「これから!お楽しみ会をはじめます!」と、元気な司会者の一声です。
はじめに、野菜当てゲーム。目隠しをして箱に手を入れるドキドキを体験しました。次に、UFOゲーム。物が空を飛ぶごとに、
歓声をあげて大盛り上がりでした。そして、みんなの発表タイム。学校で習った詩や歌、自作の絵本の披露、紙を使った手品、
日本語の絵本や紙芝居の朗読。いつも同じ部屋にいても、なかなか交流する機会がない子どもたちが、お互いに頑張ったことを
披露してくださいました。(ボランティア感涙)
最後に、カードを手作りしてお互いに交換し、楽しい冬休みを!と…そこへ、プレゼントを持ったサンタさんが登場。1人1人に
プレゼントが手渡され大喜び。終わりもきっちり、2人の可愛い声が合わさりました。
「これで、お楽しみ会を終わります!」
来年もどうぞよろしくお願いします。

 

クリスマスツリー 子どもたちも一緒に作ったかな
拡大写真はこちらです。

ひとりひとりがカードを作りました
拡大写真はこちらです。

木曜日クラス(今年最後のクラスでお楽しみ会)

こんにちは。
木曜クラスは、今日(21日)が、今年の学習、最終日でした。今日も、3階の窓から、白い雪を冠した富士山が、青空にくっきり
見えました。10時から通常の学習、11時から12時まで、お楽しみ会を行いました。ボランティア代表1名と、学習者全員、じゃん
けんをして、勝者からテーブルに並んでいる商品をゲットできるゲームです。参加は、ベトナム、中国、フィリピン、ペルーから
の学習者ですが、日頃、同じ教室にいても、交流が少ないなか、今日は、皆一緒になって楽しめる貴重な時間となりました。
単純なゲームほど、熱くなる、の言葉通りでした。ちなみに、商品は、マグカップ、お皿、日常生活セット、クロス、折りたたみ
スリッパなど。全員に、きれいなギフト袋に詰められたお菓子もプレゼントされ、来年もよろしくと、皆、笑顔で帰宅されました。

全員参加のジャンケン大会
拡大写真はこちらです。

楽しいお楽しみプレゼントも一杯ありました
拡大写真はこちらです。

主要な活動

    • にほんご きょうしつ
    • にほんご ボランティアと いっしょに べんきょうします。きょうしつに きてください。おとなの クラスが 3つ こどもの クラスが 1つ あります。
    • ボランティア募集
    • 外国人の皆様の日本語学習のサポートなど、地域の草の根活動を行っています。在住外国人の地域生活支援に参加しませんか?外国語会話力や経験は不要です。
    • がいこくじんの みなさん
    • にほんごきょうしつ あります。せいかつを たすける じょうほうも あります。がっこうのこと びょういんのこと いろいろ そうだん できます。
    • 多文化共生
    • 50人に一人は外国人の時代。多文化共生とは何?から、セミナーやイベントや国・行政からのお知らせなどの地域生活を支える情報を掲載しています。

ページトップへ

Translate »