東久留米市
東久留米国際友好クラブ
国際交流・生活支援・ボランティア活動
私たちは異なる文化や言語、国境を越え、
地域の身近な国際交流を通して、

互いに理解を深め、友好の輪を広げています。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

新着情報

月曜日クラス(バラ園見学)

5月20日にひばりヶ丘団地近隣の篠宮バラ園にバラを愛でに出掛けました。
朝から☔️雨模様でしたが学習を終えてバラ園に向かう時は雨が止み☀️晴れ男☀️晴れ女のパワーで天気が回復してきました。
バラも花盛りで香りも広がりとても癒されました。
学習者からはこんなに近くに🌹バラ園が有るのは幸せと声が有りました。
当日は学習見学者やOBボランティアの参加も有り楽しい一時でした。

バラ園見学(1)
拡大写真はこちらです。

バラ園見学(2)
拡大写真はこちらです。

バラを愛でた後の良い顔です
拡大写真はこちらです。

「多文化共生の学校づくり」 6月にオンラインセミナー 明治大

■多文化共生の学校づくりセミナー

日時:2024年6月15日(土)14:00-16:00

会場:オンライン(ズーム)

主催:明治大学国際日本学部 山脇啓造研究室

協力:横浜市多文化共生・国際教室研究会、横浜市国際交流協会、明石書店

対象:学校、行政、市民団体等関係者

申込(先着100名):https://forms.gle/z7je2TNbM1D3Anax9

※詳細は下記URL(明治大学HP)をご覧ください。

https://www.meiji.ac.jp/nippon/info/mkmht000001dci4f.html

多文化ポータルサイト_東京都つながり創成財団_WEB番ニュースレター2024.05

東京都つながり創成財団が提供している、外国人向け情報サイトのご案内です。5月に更新されたWEB版ニュースレターは下記の通りです。
外国人向けの情報サイトですが、支援する日本人ボランティアにとっても役立つ情報です。是非、ご覧の上、外国人の方にも紹介してください。
やさしい日本語と英語版に対応している他、多言語の機械翻訳でも対応しています。

****** ニュースレター2024年5月号 INDEX ******
【1】 もっと知りたい日本語
クレジットカードの 使い方
【2】 クローズアップ
NPO法人 Adovo
~同世代の技能実習生を高校生・大学生がサポート、「ともいき社会」を目指す~
【3】 多文化クロストーク
料理店の外国人
~第3回 「料理店の人の日常」について~
***********************************

【1】 もっと知りたい日本語
「クレジットカードの 使い方(つかいかた)」
日本(にほん)の 生活(せいかつ)で 知(し)っていると 便利(べんり)な 言葉(ことば)を やさしい日本語(にほんご)で 紹介(しょうかい)します。今月(こんげつ)は クレジットカードの いろいろな 使い方(つかいかた)について やさしい日本語(にほんご)で 説明(せつめい)します。
https://tabunka.tokyo-tsunagari.or.jp/topics/motto/nihongo_2405.html

【2】 クローズアップ
NPO法人 Adovo
~同世代の技能実習生を高校生・大学生がサポート、「ともいき社会」を目指す~
日本で技能実習生として働いている(またはこれから働く)同世代の外国人の生活が楽しくなるよう、「日本語教室」「交流・講習会」「発信活動」を軸に活動する、高校生、大学生で組織された団体です。メンバーは120名を超え、今では関東地区、中部地区、関西地区などに支部もでき、さらに活動の規模が広がっています。
https://tabunka.tokyo-tsunagari.or.jp/topics/close/close_2405.html

【3】 多文化クロストーク
料理店の外国人の座談会
~第3回 「料理店の人の日常」について~
全3回でお届けする、東京で暮らす外国人のみなさんの座談会、多文化クロストーク。
3月から5月にかけては東京でお店を開いた3人の座談会をお届けしています。
最終回の今月のテーマは「料理店の人の日常」について。
いつも忙しく働いている三人に、お店の営業日や休日の過ごし方について、お話しいただきました。
https://tabunka.tokyo-tsunagari.or.jp/topics/cross_talk/cross_2405.html

日本語教室ボランティア募集【広報ひがしくるめ5/1号掲載記事の詳細】

日本語教室ボランティア募集

私たち東久留米国際友好クラブ(HIF)の日本語教室は、東久留米市との協働事業で、地域の外国人の日本語学習を市民ボランティアが支援する場所です。(ボランティアの年会費は3,600円)

クラスは4つあり、大人のクラスは月・水・木曜日の午前中にそれぞれ南部・東部・西部地域センターで、子どもクラスは水曜日の夕方に市役所で活動しています。大人クラスはボランティアと外国人学習者がペアを組んで学習します。ボランティアの外国語力や日本語指導の経験は問いません。学習場面や会話の場面では、「やさしいにほんご」を使って外国人とコミュニケーションすることを大切にしています。

説明会は6月4日(火)と6月11日(火)のいずれも午後2時から午後3時半(予定)、市役所1階の市民プラザホールで開催します。内容が異なりますのでなるべく二日間ともご参加下さい。説明会の後は教室見学の機会も設けます。また入会後には研修(無料)も6回あります。

ご不明な点は、私どもHIFまでお気軽にお問い合わせ下さい。ホームページのトップページ右上に問合せ先の案内があります。

お申し込みは、5月30日(木)までに市役所2階生活文化課まで。042-470-7738

皆様のご参加をお待ちしています。

HIF事務局

日本語教室や国際交流活動、情報発信を活発に   HIF総会、23年度活動報告、24年度活動計画など承認

東久留米国際友好クラブ(HIF)は4月27日、市内で2024年総会を開き、23年度の活動報告・決算と24年度の活動計画・予算、会則改訂などを承認しました。

月曜、水曜、木曜の大人クラス、水曜の子供クラスの日本語教室の23年度参加者(延べ人数)は外国人学習者18カ国、67人、ボランティア73人でした。各クラスではペア学習に加え、書初め会や散策、料理教室、避難訓練、お楽しみ会なども開催しました。

23年度は10月に30周年イベントを実施、お国自慢の講演やアンデス音楽など盛りだくさんのメニューで交流を深めました。横浜散策も好評でした。

HIFの協力、連携先は東久留米市生活文化課、防災防犯課、学務課、教育委員会、市立小学校、図書館、自治会連合会など11団体を数え、多文化共生の活動の輪は着実に広がっています。

外国語による絵本の読み聞かせ「ストーリーフェスタ」、小学校での「国際交流授業」など外国人学習者らが主役となるイベントもすっかり定着しました。

ホームページは昨年5月にデザイン、機能を全面刷新しました。新たに多言語翻訳機能を加え、ブログ、ニュースなど情報発信を強化しています。

2024年度も東久留米市など関係団体と手を携え、日本語教室を軸に国際交流、在住外国人の生活支援活動を積極的に展開していきます。

HIFの活動グループとしては「新人ボランティア研修」「スクールサポート」「アザレアつうしん」「国際理解講座」「やさしい日本語翻訳」など8チームをつくります。情報誌の「アザレアつうしん」は最低年一回の発行を目指します。今年度もご支援、ご協力をお願いします。

水曜日クラス(さくらウォーク)

雨のせいで最初のスケジュールより1週間延長されて日本語教室と一緒に桜の花見が出来ました。良かったです。みんなが思ったより花が遅く咲きましたから、ちょうどいいタイミングで桜が良く見えました。
日本語クラスが終わって、みんな散歩で公園に向かいました。行く公園にひとつ大きい桜の木がありましたが、行く道にも桜がいっぱいありました.又、ちょうど昼休みの時間ので自分のスケジュールと良く合いました。
普段日本語教室はマンツーマンので、自分の日本語先生以外話す機会があまりないので、公園で、毎週同じ部屋で顔を見る方と会話出来て、とっても嬉しかったです。景色が良かったですが、それよりゆっくり座って、食べ物を分かち合いながら、みんなと話せたことが、私にとって、一番良かったと思います。(水曜日クラス_ダビデさん記)

小さい子どもさんも参加しました
拡大写真はこちらです。

小高い公園の広場で桜を楽しみました。
拡大写真はこちらです。

黒目川に近い小山台遺跡公園
拡大写真はこちらです。

公園までの黒目川沿いの桜もきれいでした。
拡大写真はこちらです。

子どもクラス(避難訓練を実施しました)

4月10日、子どもクラスで避難訓練を実施しました。
まず子どもクラスのボランティアが、スライドを使い、防災と避難行動に関する説明をしました。子ども達はお父さんやお母さんの隣に座り、地震が起こった時に身の回りに起こる危険や、自分の身の守り方について学びました。その後、普段学習している場所に移動し、地震が発生した想定で避難訓練です。「地震です!机の下に入って!」というコーディネータの言葉に従い、身を守りながら避難をしました。市役所の外の避難所に全員集合し、保護者に引き渡しをして訓練終了。放課後でお腹がすいているのに、長い時間みんなよく頑張りました!
避難訓練実施は今回が初めてでしたが、振り返ると反省点が多く、改善が必要な点がたくさんありました。しかし、お忙しい中、市役所の生活文化課、防災課、管財課、施設を管理されているセイウンの方が見学に来てくださったことで、子どもクラスに関わる人たちと、防災について、災害時に起こりうる危険について共有できました。
日本各地で大きな地震が頻発している今日この頃。東久留米に災害がいつ起こってもおかしくないと常に頭に置き、非常時に備えないといけないなと実感しました。

子どもクラス避難訓練1
拡大写真はこちらです。

子どもクラス避難訓練2
拡大写真はこちらです。

主要な活動

    • にほんご きょうしつ
    • にほんご ボランティアと いっしょに べんきょうします。きょうしつに きてください。おとなの クラスが 3つ こどもの クラスが 1つ あります。
    • ボランティア募集
    • 外国人の皆様の日本語学習のサポートなど、地域の草の根活動を行っています。在住外国人の地域生活支援に参加しませんか?外国語会話力や経験は不要です。
    • がいこくじんの みなさん
    • にほんごきょうしつ あります。せいかつを たすける じょうほうも あります。がっこうのこと びょういんのこと いろいろ そうだん できます。
    • 多文化共生
    • 50人に一人は外国人の時代。多文化共生とは何?から、セミナーやイベントや国・行政からのお知らせなどの地域生活を支える情報を掲載しています。

ページトップへ

Translate »